トイレのリフォームでエコと快適さを実感してください。

トイレのリフォームを勧める理由は?

何と言っても「掃除のしやすさ」があげられます。以前のものと構造が違います。それに汚れが付きにくく抗菌効果の性能も上がってきました。

10年以上前のトイレは1回流すと13リットルそれが現在では半分以下の4〜6 リットルで済みエコでもあり経済的にも大変助かります。

シャワートイレはノズルが2本あって女性専用が付いているのでより清潔感や安心感が保たれます。

シンプルなデザインでどんなインテリアにも溶け込みます。

他にも色々新しい機能も付いて、何と言っても高齢者にやさしい使い勝手を実感出来るなどの点からお薦めしています。

 meisyuu他 305.JPG  img1[1].jpg  img3[1] (2).jpg

トイレ1室のリフォームの期間は?

  洋式トイレの場合  床..フロア、木質材料、カーペットタイル等の上張り(重ね貼り)

               壁..クロス壁張替、一部手摺取付

               天井..クロス張替

               便器の取り外し〜新便器設置  給水接続

  以上の基本パターンで「1日」で完成  価格は?  25万円〜

  壁が塗り壁や、腰壁を貼る場合でもトイレは1日で使用できます。

 トイレは、歌にも有るように清潔に綺麗にしたいものです。そのためにも拭きとり安い材質や汚れにくい材質が基本になります。たとえば床の材料では、フロアーを使うときは芯材が耐水性で表面が硬いコーテングされているもの。サニタリー用のフロアーも同じ種類です。

当社では自然無垢材を多く使いますが、床については、石貼り、硬質フロア、タイルなどを使っています。無垢材の中でも堅木の材質のものは、吸い込みが少なく拭きとりがしやすいです。

★トイレの中の手洗い

最近の便器は、タンクがない直圧式が多くなって手洗い付きの便器を取り替えると手洗い場所がなくなってしまいます。タンクレスを希望の場合は、収納付きのカウンター式のタイプをお薦めします。(商品名 エレシャス)

狭いトイレでも壁付きの手洗いが付けられます。収納付きタイプもあります。

後ろ向きに手を洗うのは、腰にも負担がかかるし使いずらいという方にお薦めです。

 P1050583.JPG  sanitary[1].jpg

 トイレの増設、位置変更  価格は?     40万円〜

 1階と同じ場所の2階へ増設する、1階の違う場所へ増設   洋式タイプ

            材料費13〜15万円

            工事費15〜35万円

            工期   2〜5日   

                         

                      ▼▼▼ お問い合わせ.ご相談はこちら▼▼▼               

                    電話:0744-25-1530

                       担当:高岡まで

                 →お問合せフォームはこちらへ

 

 

▲このページのトップに戻る