純木造はやっぱり熟練職人でないと!

大手の住宅会社は、たいてい 営業担当から現場監督へ情報が送られそれから大工さんに 伝えられます。

現場は、たいてい、建て方屋根仕舞以外は、1人の大工さんで賄われています。

中には、大工さんに話しかけることや、現場に自由に見に来ることさえ断られているところもあります。

一般的に言えば、たしかに職人さんは、話ベタ、や敬語を使わない人が多くて、それに各会社の方針なりを軽く批判調にしゃべったりすることがあるからだと思いますが、2代3代住むためにお願いする大工さんですから、棟梁として尊敬もしたいところです。

 

当社では私自信もそうですが熟練の腕の確かな職人ばかりです。中に途上の青年もおりますが。

 

いいものを造って、喜んでもらえて、みんな 幸せ  と言えるようにがんばっています。

▲このページのトップに戻る